審美歯科の新しい治療法!セレック治療とは?


セレックってどんなもの?

昔治療した虫歯の銀歯が目立つことに悩んでいる方は多いです。これらの方にセレック治療という治療法が注目されています。セレック治療は審美歯科の治療法です。歯をコンピューターを用いて作成することで少しの歪みのない歯を作ることができます。セレックの特徴として歯科技工士が歯を作らない分歯科医院内で作業が完結します。そのためスピード感のある対応が可能です。またコンピューターのシステムを使って歯の修復物を作成するために精度の高い安定した状態の修復物を再現することができます。今までの歯科では1週間から10日ほど修復に時間を要していましたが、現在では最短で当日、多くは翌日に新しい歯をセットすることができます。

セレックの対応範囲は?

現在のセレック技術では詰め物や被せものなどが対応可能となっています。詰め物では白い詰め物を作成することができるため、今までの銀歯やレジンに加えて審美的な面を気にされる方にはセラミック素材での詰め物がすぐに作れるようになり選択肢の幅が広がりました。被せものではセレックシステムの導入により、仮の被せものから完成した被せものになるまで1週間から10日程かかっていたものが即日から2回の通院で完成できるようになりました。こちらも目立ちにくい白い被せものになっています。セレック治療は導入されまだ一般の方たちにはあまり知られていませんが、審美歯科的には銀歯やレジンに代わる新しい治療法の選択肢として最適なのではないでしょうか?

セレックはコンピューターを使ってその場で被せる歯を作ってくれるシステムで、歯科技工士に頼らずに歯の治療ができるのでとても速く治療が終わります。