健やかな暮らしは丈夫な歯が必須?インプラント治療で長生きしよう!


歯の減少による体への悪影響の詳細

加齢や病気などの理由で歯を欠損すると体に様々な不具合が生じます。歯が少なくなることで食事を適切に摂取出来なくなり、栄養不足の状態になりやすいのが主な原因です。特に固い物や粘り気のある物を噛み切ることが出来ず、丸呑みしてしまうことで消化器官に大きな負担をかけてしまいます。また、歯が無いことで食いしばることも出来なくなり、力を入れる動作が不可能になってしまうのも大きな弊害の一つです。同じ年齢でも歯が少ない人ほど体調不良に陥りやすい傾向があります。健康を損なうと短命になるリスクが増大することから、歯の保持は健やかな暮らしを保つための重要な条件です。その一方で欠損した歯は再生しないので、インプラント治療による人工の歯を使って補うのが無難な対処法になります。

インプラント治療による口内環境の改善と注意点

インプラント治療は顎の骨に金具を埋め込み、人工の歯を固定させる審美治療の一種です。一般的な入れ歯と異なり安定性が高いので、固い物を噛んだり強く食いしばることが出来る特徴があります。また、自然な質感に仕上がるので自前の歯と並んでも違和感が無い他、そのまま歯磨きやうがいが出来るのもメリットの一つです。人工の歯を使いながら自前の歯と同じように扱えるので精神的な負担が少ないのが魅力ですが、その一方でインプラント治療は外科手術を伴うので大掛かりになりやすく、費用も高額化する点を注意する必要があります。顎の骨の強度など、適切な治療を受けるためには一定の条件を満たす必要があるので事前の検査は不可欠です。治療後も定期的な検査や調整を行うことになるので、信頼出来る歯科医院を選ぶのが健やかな状態を保つ条件です。

三鷹のインプラントを行いたいなら、違和感がない、天然歯に近い仕上りにできて、入れ歯やブリッジよりも効果的なものを探しましょう。