自分の症状にあった治療方法を選びましょう!


ほとんどの腰痛の原因はハッキリと分からない?

腰痛には、事故や怪我、疲労、ストレス、生活習慣、内臓の病気など実に様々な原因があります。医師の診断やレントゲン、MRIの画像などでハッキリと原因が特定できるものを特異的腰痛といい、痛みなどの症状があるものの原因が特定しきれないものを非特異的腰痛といいます。そして腰痛のうち特異的腰痛は全体の15パーセントに過ぎず、あとの85%は原因のはっきりしない非特異的腰痛になります。

特異的腰痛の場合は医師による治療が必要です。時には手術が必要となる場合があります。また、原因の分からない腰痛が続く場合には、臓器に疾患が潜む場合がありますので内科的な検査を受ける方が安心です。

疲労や生活習慣、ストレスからの腰痛の予防には、「無理をせず、こまめに休憩をとる」「体操やストレッチで身体を整え、普段から良い姿勢を心がける」「睡眠をしっかりとり、前向きな気持ちでいることを心がける」などが大切です。

医学的な腰痛療法も様々です

医学的な腰痛の治療法としては、手術によるもの、理学療法による筋肉などへのアプローチ、抗炎症剤や鎮痛剤の投薬、心理療法などがあります。

昔は、腰痛といえば「安静」が治療の主流でしたが、現在は症状によっては比較的早期に「身体を動かす」運動療法を求められる場合が増えてきました。動くことで血行を良くすることで筋肉のこわばりがほぐれていきます。

腰痛に対しては、ブロック注射と呼ばれる局所麻酔による治療も有効です。局所麻酔で痛みを軽減することにより血流を良くして、筋肉のこわばりを緩和していきます。通常は薬物療法と合わせて複数回行われます。

医師と相談のうえ、自分の症状にあった治療を選択することが大切です。

インターネットで「腰痛 注射」と検索すると、ブロック注射という治療法がでてきます。痛い部位に麻酔薬を注射し、痛みを取ります。一時的な効果だけでなく、敏感になった神経が落ち着く効果が期待できます。